MENU

お肌の水分量はどのくらいが良いの?

健康なお肌の水分量は、角質に20〜30%の水分が含まれた状態です。

 

その水分量が減ってしまう原因は2つです。

 

ひとつは、洗顔のしすぎや加齢による肌の変化で水分を抱え込む成分が減少してしまうことです。

 

もうひとつは、湿度が50%を切るとお肌の水分が蒸発してしまい、水分量が急激に下がる場合があることです。

 

湿度は冬場に下がるイメージが普通ですが、今は夏場でもエアコンの影響で湿度が下がり、お肌が乾燥にさらされる状況が増えています。

 

お肌が乾燥してしまうとターンオーバーが遅れてしまい、毛穴の開きや小じわ、シミなどの肌トラブルの原因になってしまいます。

 

中でも、シミはターンオーバーで古い角質とともに剥がれ落ちるため、それが遅れてしまうとシミは外に排出されず、お肌に蓄積されて濃く大きくなってしまうのです。

 

しかも乾燥したお肌は紫外線の影響を受けやすいので、シミをより早く薄くしたり、また新たに作らせないためには、お肌に十分な潤いが必要です。

 

先ほど、健康的なお肌の水分量は20〜30%とお伝えしましたが理想的なお肌の水分量は40〜50%だと言われています。

 

シミを排出・予防するためには、健康な水分量よりも理想的な水分量を目指して保湿を行っていきたいですね。

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ